企業の方へ

For Companies
  1. 企業の方へ
  2. 域外事業者の方
  3. 【南阿蘇村】すがるの里・語りと交流プログラム
  • 団体旅行・視察旅行

【南阿蘇村】すがるの里・語りと交流プログラム


2016年熊本地震で被災した黒川地区

地震で失われた東海大学農学部の学生村の暮らし


すがるの里「あか牛復興弁当」の例


すがるの里メンバーとの交流例

 

【南阿蘇村】すがるの里・語りと交流プログラム

観測史上初の2度の震度7を観測した2016年熊本地震。崩落した旧阿蘇大橋のたもと、南阿蘇村の黒川地区は東海大学の学生約800名が住む「学生村」でした。地震後はキャンパスは移転に伴い学生は不在になりましたが、下宿やアパートを営んでいた地域有志で「すがるの里」を設立し、実習時の学生向け弁当作りや地域づくり活動に取り組んでいます。本プログラムは、「すがるの里」手作りの復興弁当を食べ、メンバーと体験談講話や意見交換を通して交流いただきます。

■プログラム内容

・すがるの里手づくり「あか牛復興弁当」昼食(40分)
・震災記録を遺したアーカイブ展示の見学(10分)
・すがるの里メンバーとの交流・意見交換(40分)
・【オプション】プロジェクションマッピング解説(30分)

※新型コロナ感染状況によって、プログラム内容を変更する場合がございます。

■所要時間

90~120分

■受入人数

10~50人

※感染対策のため、定員を少なくさせていただく場合がございます。

■対象

一般

■料金(税込)

2,500円(税込/手作り弁当・お茶代、資料、交流謝金を含む)

■お申込み

下記より申込書をダウンロードしてご記入の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。

申込書(Excel/17.2KB)

申込書(PDF/106KB)

■お問い合わせ

一般社団法人みなみあそ観光局
TEL:0967-67-2222
FAX:096-300-6904
MAIL:tourdesk@minamiaso.info

 

一覧へ戻る